なかなか治らないニキビ痕

 

ニキビを放置してしまったり、ケア方法を誤ったりすると、色素がシミのように残ってしまうことがあります。

 

メイクでも隠し切れないニキビ跡に悩まされている方も多いのではないでしょうか?

 

ニキビやニキビ痕は誰もが一度は経験したことのある肌トラブルの1つですよね。

 

 

色素沈着であれば比較的消しやすいのですが、クレーター状、アイスピック状の深いニキビ痕として残ってしまうと、セルフケアできれいにするのはかなり難しくなってきます。

 

さらに、ダメージの強さによっては一生残ってしまう可能性もあるので注意が必要です。

 

実はニキビ痕を家庭のケアでキレイにするのはなかなかに難しいものなんですよね。

 

 

そこで今回は、なかなか消えてくれないニキビ跡を早く薄く治すとっておきの方法をお伝えします。

 

痕がどれだけ残るかは、ニキビがどれだけ進行したかや、ニキビの出来た部位などにもよりますし、体質も関係するので個人差があります。


 

ニキビ痕になる原因とは

 

ニキビケアをしてニキビの芯や痛みがなくなり肌は平らに戻ったとしても、表面に残る赤みや

 

薄茶色をしたニキビ跡というのはファンデーションでも隠し切れず本当に困りますよね。

 

このニキビ跡は、出来てしまったニキビの炎症により周囲の組織がダメージを受け、傷跡

 

(瘢痕)として残ってしまうものと、ニキビという炎症から肌を守るために自らメラニンを作り出して、

 

それのメラニン色素沈着した状態なんです。

 

だから組織を修復しメラニンがうまく排出できれば、基本的に色素沈着は次第に薄くなって

 

いくのです。

 

 

ただ個人差があって、酷い状態だと長くて1年近く跡が残ったままということもあるのだとか。

 

ニキビ痕は放っておいても改善するものではありません。

 

1日でも早くニキビ跡を薄くするために、下記のニキビ痕ケアの習慣を心がけましょう。

 

ニキビ痕の種類

 

ク レ ー タ ー

 

ニキビクレーターは、毛穴とその周囲に強い炎症が起こったことで、真皮がダメージを受けることでコラーゲン組織が破壊されて落ちくぼんでしまった状態を言います。
ダメージを受けた組織のコラーゲンの再生を促さないと肌が盛り上がってくることはありません。

 

また、残念ながらクレーターはホームケアで完全に治すことはできないのです。
しかしながらビタミンC誘導体やピーリング、コラーゲンの補充により改善ができるので頑張りましょう。

 

 

⇒ 次世代型美容液で綺麗な肌を実現!?濃厚な生の1滴でふっくらもっちり!
⇒ 口コミ評価の高いピーリングジェル

 

 

出血による赤黒い色素沈着

 

これは、血液中の赤血球に含まれているヘモグロビンの影響による色素沈着です。

 

ニキビに伴う炎症や化膿により、真皮の毛細血管が破壊されて出血が起こります。
これによって真皮に血液中のヘモグロビンが沈着してシミになっていきます。

 

ヘモグロビンを構成している、ヘムに存在する鉄は酸素と結合すると赤、酸素を離すと紫色と
なります。
つまり色素沈着は初めの頃は紫色で、時間が経つにつれて赤黒い色となって肌に残るのです。
時間と共にマクロファージというお掃除細胞の働きで、日数がたてば薄くなるものもあります。

 

 

メラニンによる茶色い色素沈着

 

これは、黒い色素メラニンの影響による色素沈着です。
ニキビに伴う炎症や化膿により、お肌に有害な活性酸素が発生し、この活性酸素からお肌を守
るためにメラニンが過剰に生成されます。

 

ニキビによって細胞が壊れている状態では、お肌のターンオーバーが正常に行われず、メラニ
ンが過剰に残った結果、茶色い色素沈着となってしまいます。

 

紫外線に当たることでメラニンが生成され、痕が消えにくくなりますから、UVケアは入念に行ってください。
なので色素沈着、赤みがあるうちは、日焼けをしないことが大切ですね。

 

ビタミンCは、色素沈着や赤みを薄くする作用もありますので、少しでも早く赤みを消すには、
ビタミンC誘導体配合の化粧品を使ったり、ホームピーリングも効果的です

 

 

ニキビ痕をしっかり消すことが出来ます ⇒ ニキビ跡にはパルクレール美容液

 

生活改善でニキビ痕を治す方法

 

その1 紫外線対策をする

 

ニキビ跡ができている肌は、外からの刺激に敏感です。特に紫外線には要注意!
ニキビ跡がさらに濃くならないように、紫外線対策を万全にしましょう。

 

 

その2 体を温める

 

体が温まり血行が良くなると、多くの栄養と酸素が肌細胞へ供給されて、ターンオーバーが促進されます。
肌のターンオーバーが正常に行われメラニンを排出できれば、ニキビ跡は徐々に薄くなっていくのです。

 

ですから、体を温めることが大切。そのためにも、ウォーキングをしたり湯船につかる、体が柔らかくなる
エクササイズをするなどが効果的です。

 

このようなものを近くのドラッグストアーで探してください >> お風呂で簡単ホットマスク 約¥100

 

 

その3 栄養バランスを見直す

 

体が温まる食材を積極的に摂り、栄養バランスを見直すことも重要。
オススメは以下のとおりです。

 

・タンパク質(新陳代謝を円滑にする)・・・卵、肉、魚、大豆食
・ビタミンA(皮膚の健康維持に役立つ)・・・緑黄色野菜、チーズ
・ビタミンB群(皮脂分泌をコントロールし、再生機能を高める)・・・豚肉、卵、大豆食品、レバー、バナナ
・ビタミンC(美白効果)・・・キウイ、イチゴ、ブロッコリー、小松菜

 

 

その4 22時までにメイクを落とす

 

22時〜2時までに眠ることで、成長ホルモンがたっぷり分泌されやすくなります。
メイクは22時までには落として早くベッドに入り、肌の回復力を高めましょう。

 

 

その5 ツボを押す

 

小指の第一関節の中央にある”腎穴(じんけつ)”というツボを押すことで、ストレスを軽減する、ホ
ルモンバランスを整える、シミを薄くするなどの効果が得られます。

 

ケアアイテムでニキビ痕を治す方法

 

ニキビ痕を治すにはまず生活環境を改善するのが必須です。

 

そしてニキビ痕に特化したケアアイテムを使用することで、醜いニキビ痕を消すことができますよ。

 

ニキビ痕を治すにはターンオーバーを促すことと、ビタミンC誘導体を使うことが一番効果的です。

 

 

なのでニキビ痕にはニキビ痕専用の化粧水を使い、その後にビタミンC誘導体を浸透させることでほとんどのニキビ痕は薄くなっていくのです。

 

 

ニキビ痕専用導入型柔軟化粧水   ⇒ ニキビ跡にはパルクレール美容液
ニキビ痕を薄くするビタミンC誘導体 ⇒ 次世代型美容液で綺麗な肌を実現!?濃厚な生の1滴でふっくらもっちり!

 

 

 

この2つのケアアイテムを使うことで驚くほどにニキビ痕が消えていきますのでお試しください。

 

そして、もし効果が無いと思ったら迷わずに返品しましょう。

 

この2つは全額返金保証制度をとっているので、効果が無ければ返品できて安心ですよ。

 

できればピーリングも薦めたいところなのですが、これは扱いが難しいので自信がある人のみおこなってくださいね。


 

これがニキビ肌を治すために必要なにきびケアアイテムです

これ1本だけでニキビを治す項目を全てクリアしているニキビ肌専用の洗顔料です。
この洗顔料だけで洗顔料・化粧水・美容液の効果があるので大変便利な洗顔料ですね。


なかなかニキビを治すことのできない人のためのニキビ専用化粧水です。
たったの2ヶ月で肌質が変わる効果が実感できるので参考にしてみてください!



できてしまったニキビ跡を治すためには専用の美容液を使用すると改善できます。
ニキビ跡を治すアイテムとしてとても有名なので試す価値はありますよ。