皮脂はニキビに必要なのか

 

ニキビというのは毛穴に皮脂が詰まることが原因で起こります。

 

だから、ニキビが出来ないようにみなさんはなるべく皮脂を落とそうと努力しますよね。

 

あなたもそのうちの1人ではないでしょうか?

 

 

肌がべたつくからといって脂取り紙を持ち歩いたり、1日に何度も洗顔をしていませんか?

 

 

実はそのようなスキンケアは、必ずしもニキビの改善にはつながりにくいものなのです。

 

なぜなら皮脂というのは私達の肌に必要不可欠なものだからです。

 

確かに、皮脂がたくさん出るとニキビはできやすくなりますね。

 

でもみなさんに知ってほしいのは、「なぜ皮脂が出ているのか?」 ということです。


 

皮脂の役割

 

私達の肌(毛穴)から皮脂が出る理由としてとても大切な働きが2つあります。

 

その1  肌の表面で水分の蒸発を防ぐフタのような役割をはたしている。
その2  生活環境からの刺激から肌を守る。

 

という働きです。

 

つまり、皮脂を取り除いてしまうということは、

 

肌から水分が蒸発してしまい、乾燥してカサカサになってしまう。
そして、外からの刺激に対し敏感な弱い肌になってしまうということ。

 

このように乾燥してしまったり、敏感になった肌は足りない脂を補うために、 もっともっと大量の皮脂を出そうとするのです。

 

だから、洗顔や脂取り紙で、どんなに皮脂を取り除いても皮脂が無くなることはないし、それでニキビが改善することはありません。

 

それどころか今まで以上に皮脂が分泌されてしまうのです。

 

皮脂とうまく付き合うことが大切

 

では、一体どうすればいいのでしょうか?

 

答えは簡単、皮脂と上手に付き合うだけでいいんですよ。

 

まず、洗顔について考えてみましょう。

 

1日の汚れやメイクをきれいに落として肌を清潔にすることは、ニキビのケアをする上でとても大切です。

 

ただ、洗顔のし過ぎは肌を敏感にさせてしまいます。

 

1日朝と晩の2回を洗顔を基本として、どうしても皮脂や汚れが気になるときには、お湯のみで洗うと良いでしょう。

 

そして、洗う時には指に力を入れないことも大切です。

 

強く顔をゴシゴシとこすると、摩擦が起こって肌にダメージを与えます。

 

ポイントは力を入れずに、やさしくなでるように洗ってください。

 

そして、洗顔料の選び方にも気をつけてくださいね。

 

 

次に、脂取り紙は使わずに、代わりにティッシュで皮脂を取るようにしてください。

 

脂取り紙は肌の皮脂を取りすぎてしまうため、オススメできません。

 

ティッシュなどで肌を軽くおさえるくらいで十分なのです。

 


 

これがニキビ肌を治すために必要なにきびケアアイテムです

これ1本だけでニキビを治す項目を全てクリアしているニキビ肌専用の洗顔料です。
この洗顔料だけで洗顔料・化粧水・美容液の効果があるので大変便利な洗顔料ですね。


なかなかニキビを治すことのできない人のためのニキビ専用化粧水です。
たったの2ヶ月で肌質が変わる効果が実感できるので参考にしてみてください!



できてしまったニキビ跡を治すためには専用の美容液を使用すると改善できます。
ニキビ跡を治すアイテムとしてとても有名なので試す価値はありますよ。