脂の多い食べ物とニキビの関係

 

今回はニキビに良くない食べ物について考えます。

 

よく脂が多い食品や、チョコレート、炭水化物はひかえた方が良いとか聞きますよね?

 

それって本当なのか?を検証していきたいと思います。

 

 

ニキビに悩んでいる人達の多くが、脂っぽい食べ物はニキビができやすくなるものと考えていますよね。

 

確かに、ニキビは皮脂の分泌が影響して起こる肌のトラブルです。

 

でも驚くことに、食べ物として摂った脂肪分はにきびに直接影響するわけではないそうです。


 

脂の多い食べ物は体にどう影響する?

 

食べ物として取り入れられた脂は、体内の酵素で分解されて小さな分子となって全身へと回っていきます。

 

余分な脂分は、運動することによってエネルギーに変換され消費されますが、余った脂が皮脂となって肌から出るのではありません。

 

 

皮下脂肪として肥満の状態を作り出したり、血管の壁に付着し心筋梗塞や脳梗塞といった血管系の病気の元となったりします。

 

つまり、脂の多い食べ物はニキビというよりも、このような成人病を引き起こす原因になりますので気をつける必要があります。

 

ニキビに悪いのは脂よりも乳製品

 

脂っぽい食べ物以外ではチョコレートやスナック菓子もニキビには良くないと一般に言われていますね。

 

 

これらも専門家によるリサーチを行った結果、科学的に断定することまでは至りませんでした。

 

 

食べ物に関して言うと、ニキビは脂肪分というより糖分が高いもの乳製品が悪影響を及ぼすとされています。

 

ニキビが気になる方は、脂分を控えるよりも乳製品や甘いものを控えたほうが効果が出そうですね。


 

食べ物は考えすぎない方が良い

 

私もニキビが酷かった頃食べ物を色々制限してみたのですがあまり関係がなかったですね。

 

今はニキビ肌自体を治すことができて食べ物はいつも好きなものを食べてます。

 

でも、ニキビはほとんどできてません!

 

 

きちんと正しいケアをするだけでニキビは治るし、ニキビ肌自体も治せるんです!

 

食べ物に関して言えば必要な栄養素をとって太らないレベルの量を食べていれば大丈夫。

 

あまり神経質に考えず食べたいものを食べてくださいね。

 

ストレスがたまるほうがお肌に悪いですから。

 

これがニキビ肌を治すために必要なにきびケアアイテムです

これ1本だけでニキビを治す項目を全てクリアしているニキビ肌専用の洗顔料です。
この洗顔料だけで洗顔料・化粧水・美容液の効果があるので大変便利な洗顔料ですね。


なかなかニキビを治すことのできない人のためのニキビ専用化粧水です。
たったの2ヶ月で肌質が変わる効果が実感できるので参考にしてみてください!



できてしまったニキビ跡を治すためには専用の美容液を使用すると改善できます。
ニキビ跡を治すアイテムとしてとても有名なので試す価値はありますよ。