睡眠不足がニキビに大きく影響を及ぼす

 

日々の睡眠不足はニキビの大敵と言えます。

 

睡眠と言うのは身体や脳を休めるのと同時に、身体にしっかり栄養を行き渡らせるという大切な働きがあります。

 

睡眠が不足することで腎臓や肝臓などの内臓に負担がかかってしまい、睡眠時にはそちらの内臓に栄養を送ることが優先されてしまいます。

 

 

そうなると肌などの表皮に栄養が行き渡らず、ターンオーバー(古い角質が生まれ変わる現象)が遅れてしまいます。

 

その結果として、古い皮脂が毛穴を詰まらせてしまい、結果としてニキビができてしまうのです。

 

また、睡眠不足は便秘も引き起こします。

 

便秘になると腸内で「悪玉菌」や「活性酸素」が増加します。

 

悪玉菌が出す毒素は腸内だけではなく身体中に影響を及ぼしますので、肌への悪影響も与えてしまいます。

 

また、活性酸素は非常に毒性が強く、身体の新陳代謝を阻害します。

 

もちろん肌の新陳代謝も例外ではありません。

 

便秘はニキビだけでなく肥満の原因にもなりますので、気をつけなければならないですね。

 

 


 

質の高い睡眠をとることが大切

 

基本的に一日の睡眠時間は7〜8時間が適切と言われています。

 

短時間の睡眠でも疲れが取れるという方も中にはいらっしゃるでしょうが、肌にとっては良くありません。

 

睡眠の質もかなり重要となっています。

 

いくら睡眠時間を長くとっていても、その取り方が不規則だったり質が低くては意味がないのです。

 

不規則な睡眠は体内時計を狂わせ、免疫力を低下させることで雑菌に対する抵抗力がなくなってしまいます。

 

また、夜10時〜深夜2時の間は一般的に肌修復のゴールデンタイムと言われ、この時間帯に睡眠を取ることで肌の新陳代謝の他にも疲労回復・脂肪燃焼・免疫力向上などに効果が望めます。

 

なるべくこの時間帯に熟睡しておくことで肌の回復力は大きく違ってくるのです。

 

 

 

また、睡眠時の枕や布団は清潔にしておくことも大切です。

 

毎日規則正しく十分な睡眠ができていても、意外と見落としがちなのが枕や布団などの汚れです。

 

枕カバーや布団カバーなどを洗わずに使用していると、そこについた皮脂汚れや汗が顔についてしまい、せっかくきちんと洗顔やニキビケアケアをして、も台無しになりますj。

 

枕カバーや布団カバーは清潔な物を使い、最低でも週に1回はクリーニングに出すなど、睡眠環境にも気を配りましょう。

 

 

睡眠不足はニキビの原因になるだけではなく、他の様々な肌トラブルや疾患の原因にもなります。

 

しっかりと規則正しく、質のよい睡眠を取り、健康的な身体づくりに取り組んでいきましょうね。

 

やっぱり睡眠は大切

 

睡眠はニキビだけでなくあらゆることにおいてかなり重要な体のケアです。

 

睡眠が少なくなると精神的にも肉体的にもストレスがかかり、様々な不調があらわれますよね。

 

ニキビもそのうちの一つです。

 

睡眠が少なくなると内臓が衰えてきて代謝が悪くなり、体内の毒素が排出されにくくなってきます。

 

そして肌の細胞の活性も失われるために肌の免疫力も下がりニキビや肌荒れにつながるというわけ。

 

なので、睡眠だけはきちんと良質な眠りをとることが大切ですね。

 

とくに22時〜2時までのゴールデンタイムはホルモンの分泌が盛んに行なわれているので、

 

肌が修復されやすくこの時間帯は寝ていることが必須であると思ってください。

 

深い睡眠を取ることで肌の新陳代謝の他にも疲労回復・脂肪燃焼・免疫力向上などに効果が望めます。

 

また良質の睡眠をとるために枕や布団は自分に合ったタイプのものを用意できたらなお良いですね。

 

これがニキビ肌を治すために必要なにきびケアアイテムです

これ1本だけでニキビを治す項目を全てクリアしているニキビ肌専用の洗顔料です。
この洗顔料だけで洗顔料・化粧水・美容液の効果があるので大変便利な洗顔料ですね。


なかなかニキビを治すことのできない人のためのニキビ専用化粧水です。
たったの2ヶ月で肌質が変わる効果が実感できるので参考にしてみてください!



できてしまったニキビ跡を治すためには専用の美容液を使用すると改善できます。
ニキビ跡を治すアイテムとしてとても有名なので試す価値はありますよ。