出来てしまったニキビを治す方法

 

この項目では出来てしまったニキビを完全に治す方法を載せていきます。

 

 

今まで載せてきたものは、

 

⇒ あなたの肌にできるニキビの状態を知る。

 

⇒ 生活環境を改善してニキビができない肌の基礎を作る。

 

⇒ 正しい洗顔をして肌を清潔にする。

 

⇒ ニキビに有効な栄養を摂取して肌を活性化させる。

 

といったニキビが出来なくなる肌作りや、ニキビが治りやすくなる肌作りに関するケアです。

 

なるべくニキビができないように努力をすることはとても大切ですよね^^

 

 

それでもニキビが出来てしまったら、もちろん治す努力が必要になってきます。

 

正しいニキビケアをすることで、なかなか治せなかったニキビがすぐに治るうえ、
ニキビ痕が全然残らなくなるのですよ。

 

 

ではどのようにしたら出来てしまったニキビを治すことができるのでしょうか?

 

 

ニキビを治す肌ケア

 

ニキビを治すケアは大きく分けて洗顔・保湿・ビタミンC誘導体・ピーリング・細胞の活性化の5つです。

 

それではこの5つのケア方法を簡単に見ていきましょう。

 

 

洗顔でニキビを治す

 

正しい洗顔をすることで毛穴の汚れをきれいに除去して清潔に保つことができます。

 

また皮脂の汚れを除去することでニキビが増えたり悪化することを防ぎます。

 

さらに正しい洗顔料を使用することで毛穴の雑菌を除去・殺菌しニキビを治すことができるのです。

 

洗顔の方法は後述する洗顔方法をお読みくださいね。

 

 

保湿効果でニキビを治す

 

肌は乾燥すると角質層を固くして毛穴を詰まらせてしまい、ニキビを引き起こす原因となります。

 

また、皮脂が過剰に出てしまいニキビを作る原因になってします。

 

日頃からお肌の保湿を心掛けるようにしましょう。

 

私の経験からすると、「セラミド」や「プラセンタ」が、お肌の保湿に最も効果的でした。

 

 

ビタミンC誘導体でニキビを治す

 

「ビタミンC誘導体」が配合されている製品は、肌にかなり浸透してくれるので絶対にオススメです。

 

ビタミンCには皮脂を抑えたり、炎症を抑えたり、ターンオーバーを促したり、色素沈着を防いだりする

 

働きがあり、大人ニキビやニキビ痕対策に大変効果的なんです!

 

 

ピーリングでニキビを治す

 

ピーリングにはニキビの原因である古い角質を剥がし落とす作用があります。

 

そのためお肌の新陳代謝が活発になり毛穴が詰まりにくくなるので、ニキビ対策にとても効果的です。

 

また、新陳代謝が活発になるのでクレーターなどのニキビ痕もきれいに治っていきます。

 

 

細胞の活性化でニキビを治す

 

ニキビを治すためには細胞を活性化させて体の内と外から栄養を補給することで早く治ります。

 

内側からのケアとしてはニキビを治す栄養素を十分に補給することで回復が早くなります。

 

ニキビケア専用のサプリメントや栄養補助サプリメントを飲むことが有効ですね。

 

外側からのケアとしてはビタミンCまたはビタミンC誘導体をつけることで痕を残さず治すことができます。

 

これらのニキビケアを生活に取り入れる

 

今回はわかり易くするために簡略的にニキビを治す方法を載せました。

 

次項目からそれぞれをさらに詳しく説明していきますね。

 

 

私が目指していたのはニキビが出来ない肌を作り上げるということです。

 

なので、

 

まずはこの出来てしまったニキビを治す方法を読んでニキビのないクリアな肌を作り上げてください。

 

ニキビのない肌を維持するのはニキビの無いクリアな肌から始めなければいけませんよ。

 

うまく生活に取り入れることで、きっと良くなりますので頑張ってみてくださいね。


 

これがニキビ肌を治すために必要なにきびケアアイテムです

これ1本だけでニキビを治す項目を全てクリアしているニキビ肌専用の洗顔料です。
この洗顔料だけで洗顔料・化粧水・美容液の効果があるので大変便利な洗顔料ですね。


なかなかニキビを治すことのできない人のためのニキビ専用化粧水です。
たったの2ヶ月で肌質が変わる効果が実感できるので参考にしてみてください!



できてしまったニキビ跡を治すためには専用の美容液を使用すると改善できます。
ニキビ跡を治すアイテムとしてとても有名なので試す価値はありますよ。